1. TOP
  2. マインドを整える
  3. 幸せに生きるために、今すぐできるたったひとつの習慣

幸せに生きるために、今すぐできるたったひとつの習慣

 2019/07/10 マインドを整える 幸せの追求  

こんにちは!

ハッピーマインドアカデミー 学園長の菊地若奈です。

 

毎日をイキイキと暮らしたい

自分も周りも大切に感謝できる自分になりたい

自分らしく輝きたい

未来がこうなったらいい

 

思い描いた幸せが

現実になったらいいな、と思いませんか?

 

誰でも思い描いたように幸せになれる

たったひとつの習慣について、お伝えします。

とってもカンタンな方法です。

誰でもやろうと思えば、今すぐできる方法です。

 

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」だそうです。

 

幸せな人とそうでない人の違い

 

私たち人間は不思議なもので

同じ環境にいても「幸せ」を感じられる人と

感じられない人がいます。

 

両者の違いはなんでしょうか?

それは、ひとことで言うと

「使う言葉の違い」です。

 

周りが羨むような美人でも

「私は足が短いからイケてない」

「学歴が無くてはずかしい」などと

 

無いものばかりに目を向けて

文句を言っていれば

魅力も半減してしまいますね。

 

反対に、質素な生活をしていても

「家族みんなが健康でありがたい」

「みなさんのお陰で今がある」

と言っている人は

幸せを感じて暮らしているでしょう。

 

脳にある、魔法の機能

 

なぜ言葉が現実を作るのでしょうか?

 

私たちの脳には

「チューニングイン」

という機能があります。

 

それは、口にした言葉が

検索ワードになって

その情報に見合う現実を探し出す

という魔法のような機能です。

 

まるで言葉通りの現実にアンテナを合わせるように

脳がチューニングするんです。

幸せに暮らしたいのか、そうでないのか

聴きたい番組を選べるということです。

 

例えば「私は足が短い」と言うと

自分よりも足の長い人ばかり目に入るようになり

 

「やっぱり私は足が短いんだ」と

確信する世界が出来上がるんですね。

 

脳にとって

検索ワードの良い・悪いは関係ないんです。

とにかく発した言葉が正しいという

証拠を探してクローズアップすることによって

「私は間違っていなかった」と

確認してしまうのです。

 

だから、同じ状況にいても

自分が体験したい言葉を口にしていくことが

とても大事です。

 

 

たとえば、家電が故障して

修理代がかかってしまったとします。

 

そんなときは

「ああ、こんなに無駄なお金がかかってしまった」

という気持ちをグッとこらえて

「お金があって良かった。修理できた」

という言葉を使うのです。

 

すると

状況がまるで違ったものに感じますよね。

 

 

つまり

言葉

脳が言葉通りの証拠を集める

発した言葉通りの現実になる

ということです。

 

 

ちなみに

明石家さんまさんの

「生きてるだけで丸儲け」という言葉は

どんな状況であっても私は幸せなんだ

私はなんてツイてるんだ、と

嬉しい気持ちが湧いてきますよね。

 

 

<やってみて!>

 

こんな実験をやってみると、実感できます。

 

なにか自分に

嫌な事・不都合なことがあったときに

やってみてください。

 

「ツイてないな」「最悪!」と言わずに

「ありがとう」と口にするのです。

 

すると、それが刺激となって脳は

「この出来事の中で

感謝出来ることは何か?」

チューニングし始めます。

 

たとえば、仕事に遅刻しそうになって

車を運転している時。

前の車がノロノロ運転。

追い越し車線もなく

イライラが超マックスに高まる

なんてことはありませんか?

 

そんな時はチャンスです。

「ありがとう!」とつぶやきます。

すると、脳は

「この状況で感謝すりことはなに?」と

チューニングし始めます。

 

そして、その答えを出そうとします。

「この先の危険を教えてくれていたのね」

「焦っているときこそ

落ち着くことが大事だ。

あの車はそのメッセージを伝えてくれた」

などなど。

 

感謝の理由を後から導きだし

今、目の前の状況の意味が変わります。

 

 

ー最初に言葉ありきー

ということなんです。

 

 

朝起きてすぐに使う言葉を大切に

 

私がとりわけ大事にしているのは

朝起きた時に使う言葉です。

 

「今日はどんな良いことがあるかな」と呟くのと

「今日は嫌な仕事がある日だな」と呟くのでは

今日という1日が、まったく違う1日になりますね。

 

良いことを探し出すのか

嫌なことの証拠集めをするのか。

 

自分次第で選ぶことができますので

ぜひ言葉を選んで使って欲しいと思います。

 

 

幸せになる言葉を使うには

 

どんな体験をしたくて

どんな言葉を使っていくか?

 

そのバリエーションは多ければ多いほど

幸せが多様で豊かになっていきます。

 

「この言葉はいいな」と思ったら

ぜひメモを取ると良いですね。

 

私は、つねに良い言葉探しをしています。

 

先日ラジオを聴いていたら

さすがラジオのアナウンサーは

言葉が豊富だな!と

感心することがありました。

 

 

ゲストが「バカな人」と言ったことに対し

アナウンサーは

「フレキシブルな発想を持った人」

と言い換えたのです。

 

この2つの言葉

同じ人を表していても

受け取る人の印象が全然違いますものね。

 

ぜひ良い言葉集めをやってみてください。

 

おススメ ワーク

 

人は自分の短所をよーく把握しています(笑)

なぜか長所を挙げるよりも

短所の数の方がたくさん、スラスラと出てきます。

 

そこで、このワークはそれを逆手に取ります。

 

短所だと思っていることを書き出します。

そして言葉を変えて

長所に変換してみてください。

 

色んな言葉を駆使することになって

良い言葉の体操になります。

 

例えば私は

・感情的になりやすい → 一生懸命

・ケチ → 身内を大事にしている

・過去を悔やむ → なにかを学ぼうとしている

・人のせいにする → 原因を探ろうとしている

・外ヅラが良くて身内に冷たい → 他人に対してキチンとできる

 

こんな感じでやってみてくださいね。

最初は上手く良い言葉が見つからなくても

毎日探していれば必ず見つかります。

 

言葉が豊富になると

視野が広がります!

 

するとさらに幸せな言葉が入ってきて

心が豊かになります。

 


ブログ読者の方限定で、無料個別相談を開催しています。

お申込みはこちらからどうぞ。

 

菊地若奈の公開講座はこちらからどうぞ。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

HAPPY MIND ACADEMY(ハッピーマインドアカデミー)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

HAPPY MIND ACADEMY(ハッピーマインドアカデミー)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「人を傷つけてはいけない」から生まれる攻撃性

  • 人の機嫌に振り回されないようになるには

  • 問題を解決しようとしてはいけない

  • 限りある時間のなかで幸せを追求するということ

  • 日常的にエネルギーを奪うもの

  • 失敗から軽やかに立ち直る、3つのコツ