1. TOP
  2. 感情
  3. 感情をコントロールしようとしなくていい

感情をコントロールしようとしなくていい

 2019/02/26 感情  

こんにちは!

ハッピーマインドアカデミー 学園長の菊地若奈です。

 

感情を出してはいけない、コントロールしなくては、と

がんばっていませんか?

 

なかったことにしたい感情

 

毎日、無差別に入ってくる刺激に対して、感情は反応します。

 

言われたことにカチンと来たり

上手くできなくて落ち込んだり

上手く行っている人に嫉妬したり

理不尽に思えることに怒りが湧いたり

 

そして
「こんなことでイラついてはいけない」とか

「友だちの成功に嫉妬するなんて、ダメな私」と

感情をコントロールしなければと思ってしまいます。

 

とくに「良い子」で「真面目」ながんばりやさんは

そんな自分を認めたくなくて、なかったことにしてしまいがちです。

 

感情はコントロールしてはいけない

 

見なかったフリ、なかったことにして溜め込んでしまうと、後でドカーンと爆発したり

爆発する代わりに自分の体を傷つけて病気になったり、無意識に人生を望まぬ方向へと導いていったりします。

感情を押し殺す代償は、高くつきます。

感情はコントロールしようとしてはいけないのです。

 

それでは怒りや悲しみの感情に身を任せてしまってもいいのか?というと、そうではありません。

ありのままの感情を認めることが大切です。

感情に身をまかせることと、ありのままの自分を認めることは全く別のことです。

 

 

感情のエネルギーに意志は太刀打ちできない

 

感情が持つエネルギーは膨大です。

なにしろ感情は、生きるために備わっている動物的な本能ですから。

人類が狩猟採集していたころ、鋭い牙も空飛ぶ羽も持たない人間が自然界で生きていくために感情が必要だったのです。

たとえば、怖いという感情が、「逃げ出す」という行動を駆り立てるパワーになります。

それを「ちょっと待てよ、逃げ出さないで仕留める方法はないかな?」などと考えていては、殺されてしまいます。

私たちを突き動かして行動に移すエネルギーを与える、それが感情の役割なのです。

 

 

感情のエネルギーを利用する

 

だからこそ、感情のエネルギーを味方につけると、すごいパワーが生まれます。

私たちは、好きなことに関しては周りが驚くほどの努力を難なくこなせますよね。

でも、嫌いなことは、いくらやるべきだと分かっていてもなかなか行動に移せません。

感情のエネルギーは押さえつけようとするよりも

人生を良くするために利用することを考えた方が、ずっと生きやすくなります。

意志の力で人生をどうにかしようとしても、限界があります。

感情は味方につけておく方がずっとお得なのです。

 

感情をありのまま感じる

 

感情を利用するには、湧いてくる感情をしっかりと受け止め、ありのままの自分を認めることが大事です。

私、怒ってるな

私、嫉妬してるな

と自分で分かっておくということです。

 

なぜ怒っているのか?

もしかしたら向き合うことを避けてきた自分の欠点を指摘されたからかも知れない

もしかしたら自分が大切にしている価値観を侵害されたからなのかも知れない

そうなれば怒りの感情は、生き方を改善したり新しい気付きを得る、より自分らしく生きるチャンスをあたえてくれるになります。

なぜ嫉妬してるのか?

私が欲しくてたまらないものを、相手が持っているからかも知れない

欲しいものを得るための思考力と行動力を発揮するチャンスになります。

 

感情に支配されない

 

怒りに身を任せて破壊的になったり

悲しみに囚われて自虐的になってみたり

そのように、感情に執着して支配されてしまいがちなのが人間です。

そうならないためにも、自分の感情に気づく、自分の感情を大事に扱うことが始まりです。

何を感じても良いのです。

感じることは止められません。

それが私なのだから。

問題は、感じてどうするか?です。

 

機嫌よく生きるために

 

誰だってマイナスの感情を、持ちたくて持っているわけではありません。

いつでも機嫌よく生きたいし、それが人間性を高めるということだと思います。

そのために、ものごとの受け止め方考え方はとても大切です。

なぜなら、受け止め方・考え方によって、感情は変わってくるからです。

でも、それは自分の感情をありのまま受け容れたあとの話です。

自分の感情を押し殺してなかったことにして、受け止め方・考え方を変えることはできません。

 

 

感情は人生を豊かにする

 

私の先生が教えてくれたことなのですが、感情のボリュームは1つしかありません。

喜び、感謝などのプラスの感情のボリューム

怒り、嫉妬、悲しみなどのマイナスの感情のボリューム

上げれば両方上がるし、下げれば両方下がるというのです。

怒ることがないけど、喜ぶこともない、そんな感情の動かない人生は豊かだとは言えないですよね。

感情は人生を豊かにするものですから、たくさん感じて情熱を燃やし、熱狂して人生を謳歌したいですね。

 

 

 


ブログ読者の方限定で、無料個別相談を開催しています。

お申込みはこちらからどうぞ。

 

菊地若奈の公開講座はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

HAPPY MIND ACADEMY(ハッピーマインドアカデミー)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

HAPPY MIND ACADEMY(ハッピーマインドアカデミー)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「負けたくない」相手は、本当は大事な味方

  • 嫉妬の感情を利用する