動けば、変わる。続ければ、夢叶う。

「決心」や「覚悟」に頼っている人がハマりやすい三日坊主の原因とは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
習慣化の専門家
詳しいプロフィールはこちら

「これをコツコツ続けよう!」

そう決心するのだけど三日坊主を繰り返してしまう。

「あんなに決心したのに」

「覚悟が足りないのかな」

自己嫌悪から抜け出せなくなってしまう。

そしていつの間にか何かにチャレンジすることを避けるようになってしまう。

そんなことはありませんか?

 

三日坊主になって続けられないのは「覚悟」や「決心」といった、気持ちの問題ではありません。

むしろ続けられる人は、気持ちに頼ると続けられないということを知っている人です。

三日坊主を繰り返してしまう人が見逃がしがちな、重大な盲点についてお伝えします。

 

なぜ続けられないのか?その意外な盲点とは?

 

先に結論を言ってしまいますね。

なぜ続けらずに挫折してしまうのか?

三日坊主を繰り返す人が気づいていない重要な盲点。

それは「やる時間を決めていないから続かない」ということです。

気持ちは固く決心していても、時間を決めていないことで挫折してしまう方がとても多いです。

やる時間(タイミング)を決めておくことが続ける仕組みとしてとても重要です。

 

時間を決めることが重要である理由

 

その理由は大きく分けて2つあります。

 

1 気持ちは次第に下がっていくものだから

 

たとえば

「毎日ブログを更新する!」

「健康が何よりも大切だから、ジョギングを続けるっ!!」

こう決心したとします。

決めたその時は、気持ちが新鮮で意欲があってテンションが高い状態です。

1日目、2日目はノリノリでこなすことができ、満足するでしょう。

でも通常よりも上がっているテンションは、時間が経つと必ず下がります。

それは自然の摂理なので仕方がないことです。

腹が立ったり悲しいことがあっても、時間とともに薄れて行くのと同じ原理です。

感情は上がったり下がったりを繰り返すものです。

ですからテンションが高い、低いといった気持ちも感情なので同じことが起こります。

ヤル気は日ごとに薄れていきます。

 

ヤル気になってからやろうとすると、「これが終わったらやろう」「このYouTube観てからにしよう」

こうして後回しにしがちになり、そのうちやらなくなります。

ヤル気があっても無くても、この時間が来たら決めた時間内に終わらせる。

たとえば

メルマガを毎日書く!

→午前9時から10時までに仕上げる

週3回スポーツジムに行く!

→月・水・金

①やる時間(タイミング)②どのくらい時間を要するのか、決めてしまうこと。

続けるためには行動をヤル気などの気持ちに頼らないことが重要なのです。

 

2 イレギュラーは挫折の原因になる

 

イレギュラーなことは起こります。

・子どもが熱を出した

・急な来客があった

・打ち合わせの時間が長引いた

・クレーム対応に追われた

「○○の用事が入ったから後でやろう」が挫折の原因になることが意外と多いです。

重要か重要でないかに関わらず緊急なことに対処してしまいがちだからです。

特に私たち女性は仕事のことだけでなく、家のことや家族のことで雑用レベルのこともたくさん引き受けています。

用事をなんだかんだと慌ただしくこなしているうちに夜になります。

すると、やると決めたことは、睡眠時間を削ってやってしまうことになります。

 

これが負のループの始まりです。

翌日は睡眠不足で集中力が下がる

→ヤル気が出ない

→今日1日くらいいいかな

やらないことに慣れてしまうきっかけになります。

そして待っているのは「挫折」です。

また、睡眠不足だとコンディションが悪くなるので、パフォーマンスも下がります。

1時間で書けるブログを2時間も書いてる、なんてことになったりします。

するとさらに睡眠時間を削るハメになって、負のループから抜け出せなくなる、ということになりがちです。

つまり、イレギュラーなことに対応すると、やるべきことを後回しにしてしまう。

そして睡眠不足を引き起こし、負のループが始まる、ということです。

 

やる時間を決めることで、行動をコントロールできる

 

時間を決めておくことで、用事が入ってしまったときに、予定変更が可能になります。

たとえば

〇明日メルマガを書く時間の9時から10時にセミナーを受けることになった。

→今日のうちに2日分書いてしまおう、など。

〇今週はスポーツジムに行くと決めていた水曜日にPTAの役員会がある。

→火曜日に変更しよう、など。

そして重要なのが、終わりの時間も決めているので「時間内に終わらせなければ」という緊張感が集中力を高めます。

すると、パフォーマンスが上がるので、良い結果につながりやすくなります。

 

時間をコントロールすることは、行動をコントロールすることになります。

だから挫折せずに行動を続けることができるのです。

 

まとめ

 

何かを続けると決心したらまずやることは

やる時間(タイミング)と、どのくらい時間をかけるのかを決めること!!

・ヤル気があってもなくても行動することになります

・急な用事に振り回されず自分で予定をやりくりできます

・睡眠時間を削るという負のループを避けることができます

時間を決めることで、行動をコントロールしていくことができます!

 

忙しい女性にぜひおススメしたい「早起き」

 

私は10年以上、朝4時半起きをしています。

早起きをするきっかけになったのは、2人目の子の誕生でした。

子どもを育てながらフルタイムで仕事をしていたのですが、仕事をしているか、家事をしているか、疲れ切って寝ているか・・・の毎日でした。

辛かったのは、自分の生きるステージを上げるために本を読んだり学びに行ったり仕事以外の人と交流する機会を持つという、未来を創るための、時間も心の余裕もなくなったことです。

男性の同僚たちにどんどん取り残されていくような焦りがありました。

そこで考えたのが「早起きして朝時間を活用すること」です。

朝は脳が疲れておらず、起きてから3時間は脳のゴールデンタイムと言われるくらい脳力が高い時間です。

一番脳が疲れている夜の4倍もパフォーマンスが上がると言われるほどです。

(簡単に言うと、夜1時間かかることが朝やると15分で終わるということ!)

早く起きて脳のゴールデンタイムを活用することで、パフォーマンス高く動けます。

さらに家族が寝ていますのでジャマされることもありません。

急な電話もかかってきません。

時間を効率的に使うことができます。

何といっても自分だけの世界に浸ることができるので、朝から最高の気分になります。

何かを続けたいのであれば、朝早く起きてやることをおススメします。

 

朝起きるのが苦手なの、という方におススメしたいのはこちら。

早起きして成果を挙げる体質になる

「ごきげん習慣ラボ」

1週間無料体験ができます。

 

詳しくはこちらをごらんください

↓↓↓

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


 

続ける仕組みで夢を叶える

菊地若奈のLINE公式アカウントのご登録はこちらです♡

https://lin.ee/oVFrnYF

 

 

 

 

 

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -
習慣化の専門家
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 続ける仕組みで夢を叶える , 2021 All Rights Reserved.

PAGE TOP